国際ソロプチミスト岡山


チャリティ事業の収益金で、女性と女児の生活向上の支援につとめています。

援助金・品物贈呈先

・児童養護施設「岡山市善隣館」
・社会福祉法人 救護施設「浦安荘」
・児童養護施設「南野育成園」
・サンフラワー基金
・生活看護事業所「いち・にのさん」
・岡山市一時保護所

NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパンに協力

・フィリピン里子の支援

岡山県国際交流協会へ協力   

岡山県南オーストラリア州友好協会へ協力

国際・アメリカ連盟・日本西リジョンのプロジェクトに協力

◆支援金の協力

国連関連プログラム
表彰関連プログラム
   ・夢を生きる:女性のための教育・訓練賞
   ・夢を拓く:女子中高生のためのキャリア・サポート
   ・ソロプチミスト・ルビー賞
ドメスティック・バイオレンス防止イニシアティブ
HIV/エイズ予防の対策支援
災害復興基金・救済金より被災者支援
日本西リジョンガールズサミット

◆表彰プログラムへの応募・参加(アメリカ連盟賞・西リジョン賞)

夢を生きる:女性のための教育・訓練賞
夢を拓く:女子中高生のためのキャリア・サポート
ソロプチミストルビー賞
日本西リジョンガールズサミット

(財)ソロプチミスト日本財団へ協力

◆顕彰事業

女性研究者賞

ドリーム賞

千 嘉代子賞

社会ボランティア賞

学生ボランティア賞

◆援助事業

ソロプチミスト日本財団活動資金援助

国際ソロプチミスト岡山は 応募者を募集しています。



お知らせ 2021年03月14日

子どもシェルターモモに支援金贈呈

2021年3月10日クラブ事務局で、認定NPO法人子どもシェルターモモに支援金を贈呈しました。
子どもシェルターは虐待やその他の理由で家庭や施設で暮らすことのできない15歳から20歳までの子供たちに、居場所として緊急避難先や共同生活の場を提供し、子どもたちの自立を援助しています。全国では4番目、地方都市では初めて岡山にでき、子どもの心の恢復の場となっています。また、児童養護施設等で生活できなくなった子供たちが自立を目指して生活する場として、自立援助ホームも作っています。利用者のほとんどが身体的虐待、精神的虐待、性的虐待、ネグレクト、教育虐待などの被虐待児です。
寂しさを抱えている子どもたちに援助の手を差し伸べ、大変なお仕事をされている子どもシェルターモモをサポートさせていただきたいと支援金を贈呈しました。専務理事の西崎宏美さんにお渡しし、大変喜んで頂きました。
子どもたちの幸せを願い、更なる奉仕活動に励もうと痛感しました。

専務理事 西崎宏美氏に支援金贈呈 専務理事 西崎宏美氏に支援金贈呈
西崎宏美氏、SI岡山逢沢会長と理事会役員 西崎宏美氏、SI岡山逢沢会長と理事会役員

お知らせ 2020年12月21日

新型コロナウィルス感染のウェットティッシュ贈呈

 令和2年度も後わずかになった12月21日月曜日、岡山市役所、市長室にて、
認証50周年記念事業の一環として、岡山市立の中学校に新型コロナ感染 防止
対策として除菌ウェットティッシュを生徒達に配布して頂くよう、目録を 寄贈
致しました。
 秋から冬にかけて岡山においても新型コロナ感染が危機的に発症した時期で
もあり、若い人たちに感染予防の大切さを再認識して頂く機会になりました。
山陽新聞の方も取材にきて下さり、翌日12月22日付けの朝刊にも掲載して下
さいました。
 新型コロナ感染予防をしながら、認証50周年記念事業において私達が出来る
限りのことを試みて、会員も気持ちを前向きに致しました。

岡山市長・教育委員長・SI岡山会長・副会長・50周年記念事業実行委員長 岡山市長・教育委員長・SI岡山会長・副会長・50周年記念事業実行委員長
贈呈後感謝状を前にコロナ対策の話を伺う 贈呈後感謝状を前にコロナ対策の話を伺う

お知らせ 2020年12月17日

「おかえりなさい こども食堂」へクリスマスプレゼント贈呈

岡山市北区大供本町の「おかえりなさい こども食堂」(上平宅)へクリスマスプレゼントのお菓子と、 会員が持ち寄った米や乾麺、缶ジュース等の備蓄食料品を寄贈しました。

ここには、普段家で一人で夕食を食べている子どもたちや、様々な事情を抱えた母子たち等、40~50人が訪れ、 月に一回ボランティアの方たちによる手作りの夕食をみんなで食べて地域の方たちと交流しています。

「こども食堂の場所が分かりにくい」という子ども達の声に答えて、『おかえり』の文字が入った暖簾を作られました。 そのぬくもりを感じるアースカラーの暖簾の前で写真を撮らせて頂きました。
プログラム奉仕委員会 中原委員長と会員2名 プログラム奉仕委員会 中原委員長と会員2名
「おかえり」の文字入り暖簾の前で 「おかえり」の文字入り暖簾の前で

お知らせ 2020年10月19日

第37回 愛のチャリティバザール開催

10月19日月曜日、第37回愛のチャリティバザールが岡山高島屋8階催会場で
開催されました。
今年度は、国際ソロプチミスト岡山は認証50周年を迎える大切な年です。
新型コロナウィルス感染の収束が見えない中、例会及び周年行事の中止を
経て、感染防止に努めた行事が可能となり、愛のチャリティバザールを開催
することができました。
ビニールシールド越しに、受付は時間制にして少人数でかつマスク装着対応
消毒液の設置と、細心の注意をはらいました。
この様な状況の中にもかかわりませず、多くの方に来訪頂き、一時はレジに
列ができる程でした。
多くの方のご協力により無事、バザールが開催できましたことに感謝いたし
ますと共に、収益金は新型コロナウィルス対策、災害復興支援、女性と女児
の生活向上等を目的とした奉仕事業に必ず役立てようと会員、気持ちを新た
に致しました。

第1版の集合写真 第1版の集合写真
ビニールシールド越しに受け付けをして下さるお客様 ビニールシールド越しに受け付けをして下さるお客様
山陽新聞社の記者の取材を受ける逢沢会長と垪和副会長 山陽新聞社の記者の取材を受ける逢沢会長と垪和副会長

お知らせ 2020年06月26日

「岡山市善隣館」への寄贈

 2020年6月26日岡山市善隣館に竹本会長、垪和副会長、井上広報委員が赴き
ブルーレイレコーダー2台と22インチ子供用自転車1台の贈呈を行いました。
ブルーレイレコーダーは小学生の居間と中学生高校生の居間に一台ずつ設置
され、「年齢によって鑑賞のものが違うため本当に2台の寄贈はありがたい。」
また、自転車は「小学1年の男児が外にも乗っていける上、4年生頃まで使用
できるので男児の楽しみにもなっている。」と岩井館長より感謝の言葉を頂き
ました。
 玄関ホールには昨年秋の善隣館祭りに書いた大きな幕がありました。
学校の部活で頑張っている生徒が中心になって書いた力強い筆跡でした。
感染防止のため、全校休校という通達もあり、学校に行けない時が長期にわたり
子ども達の気持ちも不安定になっている中の贈呈に感謝され、新型コロナウィル
スに国際ソロプチミスト岡山の大人も負けずに奉仕の志を高めていかなくてはと
思いました。

 
小学生の居間の贈呈品ブルーレイレコーダーの前で岩井館長・竹本会長・垪和副会長 小学生の居間の贈呈品ブルーレイレコーダーの前で岩井館長・竹本会長・垪和副会長
中学生、高校生の居間の贈呈品のブルーレイレコーダー 中学生、高校生の居間の贈呈品のブルーレイレコーダー
善隣館玄関前で自転車の贈呈品前で岩井館長・竹本会長・垪和副会長 善隣館玄関前で自転車の贈呈品前で岩井館長・竹本会長・垪和副会長
160件中1_5件目 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10


過去の活動はこちら

TOP | News&Topics | ソロプチミストとは | SI岡山について | 役員一覧 |
SI岡山の歩み | 奉仕活動 | 顕彰事業 | リンク集 | お問合せ・連絡先
〒700-0818 岡山市蕃山町2-20 国交ビル201
TEL 086-234-2558 FAX 086-234-1262 e-mail:si-okayama@utopia.ocn.ne.jp

All Rights Reserved. ©2008 Soroptimist Internatinal of Okayama