国際ソロプチミスト岡山


チャリティ事業の収益金で、女性と女児の生活向上の支援につとめています。

援助金・品物贈呈先

・児童養護施設「岡山市善隣館」
・社会福祉法人 救護施設「浦安荘」
・児童養護施設「南野育成園」
・サンフラワー基金
・旭川さくらみちを守る会
・生活看護事業所「いち・にのさん」
・「ステップハウス わ」
・岡山市一時保護所

災害義援金の拠出

旭川荘療育センター児童院へ奉仕  

・おしめたたみ  おしめ贈呈  

NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパンに協力

・フィリピン里子の支援

岡山県国際交流協会へ協力   

岡山県南オーストラリア州友好協会へ協力

国際・アメリカ連盟・日本西リジョンのプロジェクトに協力

◆支援金の協力

戦禍を生き抜いた女性の自活支援
発展途上国の貧しい女性の救済
プロジェクト・シエラ 家族と未来
国連関連プログラム
表彰関連プログラム
   ・夢を生きる:女性のための教育・訓練賞
   ・夢を拓く:女子中高生のためのキャリア・サポート
   ・ソロプチミスト・ルビー賞
ドメスティック・バイオレンス防止イニシアティブ
HIV/エイズ予防の対策支援
災害復興基金・救済金より被災者支援
ユースフォーラム主催(日本西リジョン)

◆表彰プログラムへの応募・参加(アメリカ連盟賞・西リジョン賞)

夢を生きる:女性のための教育・訓練賞
夢を拓く:女子中高生のためのキャリア・サポート
ソロプチミストルビー賞
ユースフォーラム

(財)ソロプチミスト日本財団へ協力

◆顕彰事業

社会貢献賞

千 嘉代子賞

社会ボランティア賞
学生ボランティア賞

◆援助事業

ソロプチミスト日本財団活動資金援助

国際ソロプチミスト岡山は 応募者を募集しています。



国際ソロプチミスト岡山認証20周年記念事業として、信託設定の趣旨に基づき、1991年に設立されました。 岡山県内の高校生や外国人留学生への勉学支援の提供、高等学校・中学校・小学校でのボランティア教育、活動の助成により社会貢献や国際親善に積極的に取り組む前途有為な人材の育成に寄与することを目的としています。各種ボランティア団体へも助成します。

主な贈呈先
 ・ 海外よりの留学生 大学生
 ・ ノートルダム清心女子大学 シグマソサエティ
 ・ 清心女子高等学校 Sクラブ
 ・ 岡山県内高等学校
 ・ 社団法人 ガールスカウト日本連盟岡山県支部
 ・ 財団法人 桃太郎少年合唱団
 ・ NPO法人 AMDA(アジア医師連絡協議会)
 ・ 岡山市ジュニアオーケストラ

歳入事業としてバザー、講演会, 茶会、音楽会などを開催します。また、会員学習の場として工場見学、講習会などを行い活動しています。


お知らせ 2019年08月19日

ガールズサミットでSI岡山推薦 政木悠布さん ガバナー賞受賞

2019年8月19日(月) 倉敷アイビースクエア「アイビーエメラルドホール」に於いて、2018-2020年期日本西リジョンプロジェクト ガールズサミットが開催されました。2年に一度、日本西リジョン中・四国地方のクラブが推薦した高校生が、一同に会し学習の場を持ちます。
今回は、テーマ「私らしく生きるために~これからできること 乗り越えること~」で前もって論文を提出しています、当日は基調講演を聞いた後、ワークショップをグループで行いグループのリーダーがグループ毎のまとめを発表し、その後個人の意見発表が行われました。基調講演はフリーアナウンサーで、精神保健福祉士の田淵 泰子先生が行い、ご自分の15年間のマスコミ経験、福祉界に転職後の福祉事業責任者としての15年間の合わせて30年間、育児をしながら専門職及び管理職としてのキャリアを築いてきたキャリアプロセスを、実体験に基づいて話されました。様々な障壁を乗り越えてきた突破力と、プレゼン力と、セルフマネジメントの秘訣を、判りやすく説得力のある言葉で伝えられました。ワークショップでは、各々個人のSWOT分析に取り組み、自分の強み、弱みの分析を行って、表現しました。その後の意見発表では、自己紹介、SWOT分析の報告をまじえ、古来日記で10年後の自分の未来図を設定し、願う未来を創造するために今、起こすアクションを明確にしていくことなどを発表しました。皆、個性的な素晴らしい発表でした。最後に優秀な人への賞・ガバナー賞、論文賞、ガールズサミット賞が発表されました。私たちのクラブが推薦した岡山県立岡山朝日高等学校2年生、アムダ中・高校生会リーダーの政木 悠布さんが最高のガバナー賞を受賞しました。大変誇らしい嬉しいことでした。世界で活躍する医者になりたいという、彼女の素晴らしい夢が実現するよう、応援しながら期待しています。
 
参加者集合写真 参加者集合写真
政木悠布さん ガバナー賞受賞 政木悠布さん ガバナー賞受賞
政木悠布さんを中心にアムダ竹谷和子先生とSI岡山会員 政木悠布さんを中心にアムダ竹谷和子先生とSI岡山会員
政木悠布さんがガバナー賞受賞のお礼を述べる 政木悠布さんがガバナー賞受賞のお礼を述べる

お知らせ 2019年07月16日

2019年度7月定例業務例会 開催

今年度最初の定例業務例会が7月16日に行われました。2019年度の新役員の就任式を行い、指名委員長が役員一人一人に役の任務を説明し、それぞれが任務を全うすることを宣誓しました。例年は、前年度6月の年次総会で行っていますが、6月の例会はクラブ会員の親睦旅行を兼ねた移動例会であったため、今年度になって7月に就任式を行いました。会長は挨拶で、理事会役員力を合わせて会の運営を行う決意を述べられました。今年度も、会員はリジョンガバナーの指針の下に会長の指導で楽しく奉仕活動を行っていきたいと思います。
渡辺指名委員長と新役員 渡辺指名委員長と新役員
会長ピン交換 会長ピン交換
新会長挨拶 新会長挨拶

お知らせ 2019年06月25日

親睦旅行を兼ねた移動例会

6月25日好天に恵まれた中、宝塚観劇を兼ねた移動例会を行いました。バスの中での例会でしたが、安全面への配慮など会長はじめ役員による入念な計画と参加会員一同の協力とで、とてもスムーズな進行で通常例会同様きちんとした業務例会になりました。宝塚到着後先ずは昼食、フランス料理の名店オーベルジーヌ逆瀬川で、爽やかな緑を望みながらフルコースを美味しく頂きました。その後、宝塚劇場内にある資料館で宝塚歌劇団の歴史に触れたり、開演までの時間を思い思いに過ごし、雪組公演を堪能して無事帰路につきました。
宝塚大劇場入口前にて 宝塚大劇場入口前にて

お知らせ 2019年06月17日

DV防止リサイクルバザーの収益金を一般財団法人サンフラワー基金に贈呈

2019年6月17日、5月に行ったDV防止リサイクルバザーの収益金を一般財団法人サンフラワー基金に贈呈しました。サンフラワー基金は、2002年にDV被害者の緊急保護と自立支援など「被害者への返済を求めない経済的支援」を目的として発足した任意団体です。発足から昨年までの16年間に寄せられた相談件数は17507件で更に増え続けている状況であるという事でした。実際にサンフラワー基金から支援金を出して支援した被害者は380人(2018年6月現在)に上るそうです。サンフラワー基金は、対象者を岡山市以外にも広げ、より責任ある活動を目指していくという高田代表理事のお話しをお聞きし、その一助になればと思いました。


   
高田代表理事に寄付金を贈呈する長野会長 高田代表理事に寄付金を贈呈する長野会長
職員の方と高田代表理事・長野会長と逢沢副会長 職員の方と高田代表理事・長野会長と逢沢副会長

お知らせ 2019年06月17日

さんかくナビにDV防止リサイクルバザーの収益金を贈呈

2019年6月17日、5月に行ったDV防止リサイクルバザーの収益金をDV防止活動をしている民間団体さんかくナビに寄付しました。さんかくナビは、男女共同参画社会の実現を目指して発足した民間団体です。女性の人権を阻害するDV等の問題の解決と暴力被害の当事者と暴力のある家庭で育った子どもに対して、安心して生活できる居場所を提供するとともに、就業、経済的自立の為に必要な支援を行っています。民間シェルター「ステップハウス」の運営、「寄りそいホットライン」の設置、自助グループ活動など、自立に向けて被害者の安全確保を第一に生活全般の支援を目的に活発な活動をされています。SI岡山のリサイクルバザーの収益金を有効にお使いいただくことによって、少しでもDV被害者が少なくなる社会の実現に寄与できたらと思います。
NPO法人さんかくナビ貝原己代子理事長に寄付金を贈呈する長野会長 NPO法人さんかくナビ貝原己代子理事長に寄付金を贈呈する長野会長
左から貝原理事長、男性スタッフ、女性スタッフ、SI岡山長野会長、逢沢副会長 左から貝原理事長、男性スタッフ、女性スタッフ、SI岡山長野会長、逢沢副会長
145件中1_5件目 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10


過去の活動はこちら

TOP | News&Topics | ソロプチミストとは | SI岡山について | 役員一覧 |
SI岡山の歩み | 奉仕活動 | 顕彰事業 | リンク集 | お問合せ・連絡先
〒700-0823 岡山市北区丸の内1丁目4-18 アイサワビル1F
TEL 086-234-2558 FAX 086-234-1262 e-mail:si-okayama@utopia.ocn.ne.jp

All Rights Reserved. ©2008 Soroptimist Internatinal of Okayama