国際ソロプチミスト岡山


チャリティ事業の収益金で、女性と女児の生活向上の支援につとめています。

援助金・品物贈呈先

・児童養護施設「岡山市善隣館」
・社会福祉法人 救護施設「浦安荘」
・児童養護施設「南野育成園」
・サンフラワー基金
・旭川さくらみちを守る会
・生活看護事業所「いち・にのさん」
・「ステップハウス わ」
・岡山市一時保護所

災害義援金の拠出

旭川荘療育センター児童院へ奉仕  

・おしめたたみ  おしめ贈呈  

NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパンに協力

・フィリピン里子の支援

岡山県国際交流協会へ協力   

岡山県南オーストラリア州友好協会へ協力

国際・アメリカ連盟・日本西リジョンのプロジェクトに協力

◆支援金の協力

戦禍を生き抜いた女性の自活支援
発展途上国の貧しい女性の救済
プロジェクト・シエラ 家族と未来
国連関連プログラム
表彰関連プログラム
   ・夢を生きる:女性のための教育・訓練賞
   ・夢を拓く:女子中高生のためのキャリア・サポート
   ・ソロプチミスト・ルビー賞
ドメスティック・バイオレンス防止イニシアティブ
HIV/エイズ予防の対策支援
災害復興基金・救済金より被災者支援
ユースフォーラム主催(日本西リジョン)

◆表彰プログラムへの応募・参加(アメリカ連盟賞・西リジョン賞)

夢を生きる:女性のための教育・訓練賞
夢を拓く:女子中高生のためのキャリア・サポート
ソロプチミストルビー賞
ユースフォーラム

(財)ソロプチミスト日本財団へ協力

◆顕彰事業

社会貢献賞

千 嘉代子賞

社会ボランティア賞
学生ボランティア賞

◆援助事業

ソロプチミスト日本財団活動資金援助

国際ソロプチミスト岡山は 応募者を募集しています。



国際ソロプチミスト岡山認証20周年記念事業として、信託設定の趣旨に基づき、1991年に設立されました。 岡山県内の高校生や外国人留学生への勉学支援の提供、高等学校・中学校・小学校でのボランティア教育、活動の助成により社会貢献や国際親善に積極的に取り組む前途有為な人材の育成に寄与することを目的としています。各種ボランティア団体へも助成します。

主な贈呈先
 ・ 海外よりの留学生 大学生
 ・ ノートルダム清心女子大学 シグマソサエティ
 ・ 清心女子高等学校 Sクラブ
 ・ 岡山県内高等学校
 ・ 社団法人 ガールスカウト日本連盟岡山県支部
 ・ 財団法人 桃太郎少年合唱団
 ・ NPO法人 AMDA(アジア医師連絡協議会)
 ・ 岡山市ジュニアオーケストラ

歳入事業としてバザー、講演会, 茶会、音楽会などを開催します。また、会員学習の場として工場見学、講習会などを行い活動しています。


お知らせ 2019年02月09日

国際ソロプチミスト岡山 当番で県内シグマソサエティ交流会開催

2月9日(土)2018年度岡山県内シグマソサエティ交流会が、ノートルダム清心女子大学ヨゼフホールで行われました。毎年、岡山県内の4大学 (美作大学・吉備国際大学・倉敷市立短期大学・ノートルダム清心女子大学)のシグマソサエティが持ち回りで、順番に開催を担当しています。今年は、国際ソロプチミスト岡山とノートルダム清心女子大学が担当しました。残念でしたが、倉敷市立短期大学の学生はイベントのため欠席でした。開会挨拶後、国際ソロプチミスト会員・シグマソサエティ部員の自己紹介が行われ、続いて活動報告が行われました。パワーポイントを使って各々の大学が、地域と密着した奉仕活動を具体的に発表しました。今年度は、昨年7月の西日本豪雨の復興支援に頑張った奉仕活動も数多くありました。私たちSI岡山がスポンサーしているノートルダム清心女子大学のシグマソサエティも、 真備の子供たちに勉強のお手伝いをしたり、ESD活動「(E)えーものを(S)子孫の(D)代まで」で、地域とふれあう活動をしたり等々、活発な活動報告がなされました。子供たちに喜ばれたり、自分たちも子供たちから学ぶことの多かったという経験が語られました。部屋を移動してのティータイムでは意見交換や、交流会を踏まえての感想が各部長から発表されました。また、国際ソロプチミスト津山の会員でもあり、出席された日本西リジョン ガバナー 小林 孝様から貴重なお話を聞かせて頂きました。学生さんには、交流会を通して感じることの多かった有意義な会であったと思います。今後の活躍を期待しています。

ノートルダム清心女子大学シグマソサエティ部員の発表 ノートルダム清心女子大学シグマソサエティ部員の発表
各大学シグマソサエティ部員  各大学シグマソサエティ部員 

お知らせ 2018年11月24日

弘徳学園生活介護 いち・にのさん開設20周年記念式出席

11月24日弘徳学園生活介護 いち・にのさん開設20周年記念式に出席しました。
いち・にのさんは、支援学校卒業後も生き生きとひとりの大人として社会の中で暮らして欲しいという親たちの願いから、平成10年小規模作業所として誕生した重度心身障害者施設です。いろいろな苦労や戸惑いを乗り越え、一日一日を積み重ねながら20年を過ごしましたとスタッフの方がおっしゃていました。祝賀会では、操山高校と後楽館高校の先生が生徒をボランティア教育に連れて行った時の話をされ、有意義で実りある体験をさせていただいたと感謝の気持ちを述べられました。私たちのクラブは、いち・にのさんに毎年、ホットプレートやカメラ、毛布などの生活用品を支援しています。そのご縁で、この開設20周年記念式典に出席させて頂き、スタッフや利用者、ご家族と一緒に和やかな時間を共に過ごさせていただきました。あたたかいぬくもりのある素晴らしい会でした。必要な所に必要な物を届ける支援をしなければと思いました。
出席者全員で記念撮影 出席者全員で記念撮影

お知らせ 2018年11月10日

ヒカリカナタ基金設立一周年記念報告会に出席

「途上国に住む盲目の子ども達にヒカリを届けたい。遙かカナタまで」の願いを込めて、盲目の竹内昌彦氏が立ち上げたヒカリカナタ基金が一周年を迎えました。2018年11月10日、岡山国際交流会館で行われた一周年記念報告会では、竹内昌彦理事長からこの一年間の活動内容と基金を活かした成果が報告されました。キルギスへ目の手術費用を送金、ネパール小児眼科医療プロジェクト、ミャンマー小児眼科医療プロジェクトなどの活動を通して多くの子ども達の目を治療し、自分の目で世界を見ることを可能にしました。また、モンゴルとキルギスに盲学校を開設し、毎年入学してくる子ども達に日本のあんまやマッサージを教え、自立の道を歩む力を付けていらっしゃいます。竹内昌彦氏のこのような活動をソロプチミスト岡山は、ソロプチミスト日本財団千嘉代子賞に応募し、その活動内容が認められ受賞しました。竹内氏は、この大きな資金が、ヒカリカナタ基金の活動を力強く助けてくださったと語られました。「3万円で見えるようになる子がいるんです。これからの一生を盲目で過ごすか、自分の目で世界をみるかでは、どんなに違うか考えてみてください」というご自身の体験をもとにしたお話には心を打たれました。まだまだ届けなければならないヒカリがあります。これからも継続的な支援が出来ればと思いました。

関連ファイルはこちら

竹内昌彦理事長と長野会長 竹内昌彦理事長と長野会長

お知らせ 2018年11月07日

オレンジリボンフォーラムに参加

11月7日、イオンモール岡山未来スクエアで開催されたオレンジリボンフォーラムにおいて、オレンジリボン啓発グッズを配布しました。子ども虐待防止に関わる関係機関が一堂に会し、子ども虐待防止にむけた意識の統一を図るもので、記念式典での市長の挨拶に続き、保育園児の鼓笛隊演奏などが行われました。SI岡山会員は、DV防止相談ホットラインの連絡先が書かれたファイルやティッシュペーパーをイオンモールに訪れた市民に配布し、DV防止を呼びかけました。
イオンモール岡山未来スクエアにて イオンモール岡山未来スクエアにて

お知らせ 2018年10月22日

第35回国際ソロプチミスト岡山愛のチャリティバザール

第35回国際ソロプチミスト岡山「愛のチャリティバザール」を10月22日(月)岡山髙島屋で開催しました。会場の8階催場では、同店取り扱いの秋物婦人服を中心に、バッグ、雑貨、紳士服、食料品などの販売をしました。会員30名が事前に知人、友人に2500通の案内状を郵送しており、当日は主旨に賛同してくださった方に多数ご来場いただき、協力していただきました。この収益金は地域社会と、世界の女性と女児の生活向上のための奉仕事業に役立たせていただきます。ご協力ありがとうございました。
また、会場受付では、乳がん・子宮がんの撲滅に取り組むピンクリボン岡山のバッジやタオルの販売もし完売いたしました。皆様のご理解とご協力に心より感謝いたします。
開催前に集合 開催前に集合
開催にあたり担当者から説明を受ける 開催にあたり担当者から説明を受ける
中央が山陽新聞の記者の質問に答える会長 中央が山陽新聞の記者の質問に答える会長
売り場の様子 売り場の様子
127件中1_5件目 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10


過去の活動はこちら

TOP | News&Topics | ソロプチミストとは | SI岡山について | 役員一覧 |
SI岡山の歩み | 奉仕活動 | 顕彰事業 | リンク集 | お問合せ・連絡先
〒700-0823 岡山市北区丸の内1丁目4-18 アイサワビル1F
TEL 086-234-2558 FAX 086-234-1262 e-mail:si-okayama@utopia.ocn.ne.jp

All Rights Reserved. ©2008 Soroptimist Internatinal of Okayama